iPS細胞の発見によって開かれた再生医療の扉

失われてしまった身体の一部を再生することは、人類の夢でした。
一般的に再生医療と呼ばれていますが、この治療法のレベルが高くなれば、四肢の欠損はもとより、悪くなってしまった臓器をまるごと取り替えることもできます。
再生医療が一定以上のレベルになれば、人類を悩ませていた多くの症状が過去のものとなることは間違いがありません。
ですから多くの研究者がこの道に進み、日々使えそうな技術の開発に勤しんでいました。
しかし、人工的に人間の身体の一部を再生することは、今までは非常に難しく、ほとんど不可能に近かったのです。
自然治癒力を高めて修復を促すことぐらいしかできない時代が長く続きました。
しかし、iPS細胞というものが発見されてからは、状況が一変しました。
この細胞を使えば、一つの細胞から心臓をまるごと作ることも可能だというのです。
様々なパーツに成長をさせることができるということで、いま世界中でiPS細胞についての研究が進められています。

国家試験合格率NO,1☆

脳梗塞 リハビリ
気功療法の第一人者による気功整体院はこちら↑

丸橋全人歯科
丸橋全人歯科はセカンドオピニオンまで大事にした矯正治療を行います

名東区 接骨院
寝違い、頭痛はその日のうちに治療しましょう。

高崎の歯医者なら

医療関連

語学を勉強するために海外留学することを考えている方は、事前に医療保険に関する情報を確認しておくように

Copyright© 医療 All Rights Reserved.